一覧

  • 薬膳とは
  • 薬膳キャンパスの活動
  • 講座情報
  • イベント情報
  • メディア情報 活動実績
  • お知らせ コラム

HOME > お知らせ・コラム一覧 > 【薬膳コラム】 焼き秋刀魚の炊き込みご飯

お知らせ・コラム

<薬膳レシピ>

2018年9月15日(土)

【薬膳コラム】 焼き秋刀魚の炊き込みご飯

9月になり日差しやカラッとした空気で少しずつ秋の気配を感じるようになりました。
この時期楽しみなのが新米ですね。食欲の秋に新米と秋の魚さんまを使用した薬膳ごはん
はいかがでしょうか?
日中はまだまだ暑くとも、朝晩、涼しくなり、油断をすると冷えて血行不良に…
早朝に足が痙るなんて経験ありませんか?冷えによる血行不良も原因の一つです。
今回の薬膳ごはんは気を補い、消化器官を健やかにするのはもちろんのこと、
さんまと黒米で血の巡りを良くします。
これから沢山出回る秋の味覚、体によく・美味しくいだきたいですね。

 

*焼き秋刀魚の炊き込みご飯                   補気健脾、活血

【材料(2人前)】

・米         2合
・黒米       30g
・さんま       1尾
・生姜        1片
・酒       大さじ2
・だし汁    200cc
・しょうゆ    大さじ2
・本みりん     大さじ1
・姫みつば      適量
・すだち       1個  

【作り方】

  1. さんまは三枚おろしにし、一口大に切り、酒につけ臭みをとり、
  2. フライパンで焼き、皮目にはすこし焦げ目をつけると良い。
  3. 炊飯器に、洗った米と黒米、だし汁、しょうゆ、本みりんを入れ、千切りにした
  4. 生姜と①を上にのせ炊飯する。
  5. 炊きあがったら、さんまのみ一端別の皿にとり、刻んだ姫みつばを混ぜ込む。
  6. 器に盛ったら、さんまをのせ、お好みですだちを絞りいただく。

【効能】

食材

性味

帰経

効能

甘/平

脾胃

補中、補気、健脾、和胃

黒米

甘/平

脾胃腎

健脾、補肺、明目、活血、補腎

さんま

甘/平

脾胃

補虚損、健胃、活血

生姜

辛/温

脾胃肺

化痰、止咳、解表、散寒、健脾、解毒、温中、止嘔

みつば

甘/微涼

肝脾胃

補気、疏通、化瘀

すだち

甘酸/平

脾肺胃

開胃、理気、消食、止渇、潤肺

 改訂版「食物性味表」第2版

レシピ担当:調理師、国際中医薬膳師、中医薬膳茶師、雑穀エキスパート、ドリンクコーディネーター  
                        紡ぐしあわせ薬膳協会認定講師 足立るみ