一覧

  • 薬膳とは
  • 薬膳キャンパスの活動
  • 講座情報
  • イベント情報
  • メディア情報 活動実績
  • お知らせ コラム

HOME > お知らせ・コラム一覧 > 【薬膳コラム】熱中症のご用心

お知らせ・コラム

<薬膳コラム>

2019年7月1日(月)

【薬膳コラム】熱中症のご用心

国際中医師、国際中医薬膳師、薬剤師、紡ぐしあわせ薬膳協会認定講師の伊東千鶴子です。

梅雨が明けると、本格的な夏がやってきます。昨年の夏は記録的な暑さに見舞われ、
各地で最高気温35度を超える猛暑日が続きました。
これからの時期に気をつけたいのは熱中症です。熱中症は高温多湿な環境に長くいることで、
徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまくいかなくなり、
体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていなくても起こります。
熱中症になるとめまい、たちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、
頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、脱力感などが現れます。熱中症が疑われる人がいたら、
涼しい場所に避難させ、身体を冷やし(特に首の回り、脇の下、足の付け根などを)、
水分と塩分の補給をしましょう。自力で水が飲めない、返事がおかしい、意識がない場合は救急車を呼びましょう。


 子どもは体温調節の働きが未発達なので、注意を要します。お年を召した方は
暑さや水分不足に対する感覚が鈍く、いつの間にか危険な状態に陥ることがあります。
熱中症と思って休んでいて、脳梗塞の発症に気づかずに悪化してしまう事例もみられます。
中医学の面からいうと、加齢ともに陰虚といって身体に必要な水分が乏しくなるので、
持病のある方はもちろんそうでない方も夏の「ちょっとおかしい」を決して見過ごさないでください。


 熱中症予防にはエアコンや扇風機を利用する、日傘や帽子を使う、
なるべくなら日中の外出は控えるなどして暑さを避け、こまめに水分と塩分を補給しましょう。

 暑さ対策にどのような食物を取り入れたらよいか、次回7月15日のコラムでお伝えいたします。


2019年7月1日
国際中医師、国際中医薬膳師、薬剤師、紡ぐしあわせ薬膳協会認定講師 伊東千鶴子