一覧

  • 薬膳とは
  • 薬膳キャンパスの活動
  • 講座情報
  • イベント情報
  • メディア情報 活動実績
  • お知らせ コラム

HOME > お知らせ・コラム一覧 > 【薬膳レシピ】銀杏とエビのガーリックソテー ~初冬の薬膳、腎の養生~

お知らせ・コラム

<薬膳レシピ>

2020年11月15日(日)

【薬膳レシピ】銀杏とエビのガーリックソテー ~初冬の薬膳、腎の養生~

立冬を迎えて、冬の始まりです。
冬に関連する五臓は『腎』で、
『腎』は生命エネルギーである
腎精を貯蔵しています。


成長、発育、生殖、老化に深く関わっています。

寒さは『腎』の機能が低下しやすいので、
初冬の薬膳として、腎精を滋養し、
気温の低下より空気が乾燥し出やすい
症状の咳や咽頭痛を考慮しました
銀杏とエビのガーリックソテーはいかがでしょうか。

今月のテーマは銀杏です。
銀杏は、乾燥に弱い肺を潤し、
咳を鎮める効能があります。

エビとエリンギで腎精を補います。

料理の風味や味のアクセントになるにんにくは
体を温め咳を止める効能があります。


補腎益精


【食材】2人分

銀杏    50g
エビ    100g
エリンギ  1パック
にんにく  1片
ナンプラー 小さじ2
酒     大さじ1
塩コショウ
ごま油   大さじ1


【作り方】


①エビは背中に切り込みを入れ背わたを取る。
 塩、片栗粉を少々まぶしてから、
 水でもみ洗いする。

にんにくは、みじん切りにする。

②フライパンにごま油とにんにくを入れて火にかけ、
 香りが立ったらエビ、銀杏、
 エリンギを入れ、酒を加えて炒める。

③エビの色が変わったらナンプラーを加え、
 サッと炒め合わせて火を止める。

④器に盛り、塩コショウをひいてください。


 

【食材】 【性味】 【帰経】  【効能】
エビ 温/甘鹹 肝腎胃  補腎、補陽、補気、開胃、袪風、通乳
エリンギ 平/甘 肺腎 補陰
銀杏 平/甘苦渋 肺腎 潤肺、定喘、縮尿、止帯
にんにく  温/甘 脾胃肺 温中、健脾胃、止咳、化痰、宣窮、解毒、殺虫

薬膳食典    食物性味表

 

レシピ担当:栄養士、国際中医薬膳師、
中医薬膳茶師、紡ぐしあわせ薬膳協会認定講師
野田知子

  • 次のページ