一覧

  • 薬膳とは
  • 薬膳キャンパスの活動
  • 講座情報
  • イベント情報
  • メディア情報 活動実績
  • お知らせ コラム

HOME > お知らせ・コラム一覧 > 【薬膳レシピ】たまごと鶏肉のトマトカレー ~腎の養生~

お知らせ・コラム

<薬膳レシピ>

2022年1月15日(土)

【薬膳レシピ】たまごと鶏肉のトマトカレー ~腎の養生~

 寒さが厳しい時期に入りました。
強い寒気により体が冷えますと、冬に影響を受ける
『腎』に負担がかかりやすくなりますので、
『腎』の養生のレシピ たまごと鶏肉のトマトカレーを考えました。


今月のテーマのたまごは滋養に優れ、
貧血や精神不安に効能があります。

 

鶏肉は体を温め、活動エネルギーを
補い力をつけ、腎の働きを助けます。

 

香りのよいスパイスたちは、寒さを散らし、
体を温め、滞りやすい気血の巡りをよくします。


玉ねぎは、血流の流れを促進させます。

トマトは、寒性の食材ですが、
加熱して用いますと体を冷やす作用が弱まり、
栄養分も損なわれませし、水分代謝によいです。

米は消化器系の働きを正常にします。

スパイスたっぷりの辛くないカレーです。
食べ終えますと体がポカポカして元気になります。


寒の入りから大寒へと1年で1番寒い時期を
たまごと鶏肉のトマトカレーを食して、元気で過ごしてください。


滋陰益精

【食材】 2人分

たまご      2個
鶏のむね肉    200g                  
*下味 レモン汁 小さじ1、塩小さじ1/2
玉ねぎ      120g
生姜       10g
ニンニク     1片
トマト水煮缶   1/2缶
水        50ml
クミン      小さじ1/2
シナモン(桂皮) 小さじ1/2
ナツメグ     小さじ1/2
オリーブオイル  小さじ1
ハチミツ     小さじ1/2
塩、こしょう
パセリ      トッピング用

【作り方】

①たまごは、ゆで卵にしておく。

②鶏のむね肉は、一口大に切りレモン汁小さじ1と、
 塩小さじ1/2で下味をつけ10分おく。

③玉ねぎ、生姜、にんにくはみじん切りにする。

④鍋に、オリーブオイル小さじ1を入れ、
 玉ねぎ、生姜、ニンニクを炒め、玉ねぎがしんなりしたら、
 スパイスを加えて炒めます。

⑤香りだってきたら、鶏のむね肉、トマト缶、
 水50mlを入れ弱火で蓋をして、20分煮込む。

⑥ゆで卵を加え、蓋をして10分煮込み、
 ハチミツ小さじ1/2、塩,こしょうで味を整えて火を止める。

⑦器に盛り付けパセリをトッピングして仕上がり。

 

食材 性味 帰経 効能
たまご(鶏卵) 平/甘 肺脾胃心腎 滋陰、養血、養心、安神、安胎
鶏肉 温/甘 脾胃  温中、益気、益精、塡髄
玉ねぎ 温/辛 理気、化痰、健胃、燥湿、解毒、活血
クミン 温/辛 肝胃 散寒、理気、調中
シナモン(桂皮) 熱/辛甘 腎脾心肝 助陽、散寒、温経、通脈、温腎、散瘀
ナツメグ 温/辛  脾胃大腸 温中、行気、渋腸、止瀉
トマト 微寒/甘酸 肝脾胃 生津、止渇、健胃、消食、清熱、解暑、平肝、利尿
平/甘 脾胃肺  補中、益気、健脾、和胃、止瀉

 薬膳食典  食物性味表  第2版

レシピ担当:栄養士、国際中医薬膳師、中医薬膳茶師、
      紡ぐしあわせ薬膳協会認定講師
      野田知子

  • 次のページ