一覧

  • 薬膳とは
  • 薬膳キャンパスの活動
  • 講座情報
  • イベント情報
  • メディア情報 活動実績
  • お知らせ コラム

HOME > お知らせ・コラム一覧 > 【薬膳レシピ】甘酒入り杏仁豆腐 ~温燥のふわとろデザート~

お知らせ・コラム

<薬膳レシピ>

2022年9月15日(木)

【薬膳レシピ】甘酒入り杏仁豆腐 ~温燥のふわとろデザート~

初秋の時期は温燥の頃です。
日中はまだ暑熱が残っていて、
暑い中にも乾燥の気が含まれてきています。

夏の疲れのダメージで体に必要な
水分が足りなくなっている状態で、
肌や髪のパサつきで感じる方も
いらっしゃるかと思われます。


秋の五臓の『肺』は乾燥に弱く、
潤いを好みます。
今月のテーマは、おうちで薬膳・杏仁豆腐ですので、
甜杏仁を使って甘酒と豆乳で作る、
温燥の頃にぴったりで美味しい
ふわとろデザートを紹介いたします。



甜杏仁は、肺、大腸を潤し咳、
喘息、便秘、肌荒れに良い効能があります。

甘酒は、生命エネルギー「気」を補い、
体に必要な水分「津液」を
生み出す働きがあります。

豆乳は、抵抗力を補い、
潤すことで乾燥状態を改善させます。

枸杞子は、陰液を補い、肺を潤します。

肺は皮膚と関連していますので、
肺を潤し、気血津液を補うことで
美肌に繋がります。


画像では杏仁豆腐を綺麗に見えるように
枸杞子を少しにしていますが、
薬膳として10粒は添えてください。


美容にも良い、温燥のふわとろデザート
甘酒入り杏仁豆腐をおうちで楽しんでください。


潤肺、補気、生津




【材料2~3人分】
甜杏仁粉      15g
甘酒        200ml         
豆乳        150ml
砂糖        大さじ1半
ゼラチン      4g
水         50ml

*甜杏仁粉は通販ショップで購入できます、
出来るだけ無添加の物ををお買い求めください。

 

『枸杞子のシロップ煮』 作りやすい分量です
枸杞子     50g
氷砂糖     50g
水       200ml
レモン汁    適量


【作り方】

①鍋に豆乳、甜杏仁粉、砂糖を入れ火にかけ、
 よく混ぜる。沸騰させないように
 弱火で5分程煮詰める。
  火を止め甘酒を入れ混ぜ合わせる。

②、耐熱容器に水50ml、
 ゼラチンを入れよく混ぜて
 電子レンジで20秒ぐらい加熱する。
 この際電子レンジにもよりますが、
 沸騰させないように見ながら加熱する。

③ゼラチンを鍋に入れ混ぜ合わせたら、
 器にいれて冷蔵庫で冷やす。

『枸杞子のシロップ煮』
①枸杞子は、さっと水で洗う。
 鍋に水、氷砂糖を入れ火にかけて溶かし、
 枸杞子を入れて10分程煮詰めレモン汁を加える。
 酸味はお好みで。

*枸杞子は眼精疲労にも良いので、
 ヨーグルトや紅茶に入れて美味しく召し上がってください。

 

食材 性味 帰経 効能
甜杏仁 平/甘 肺大腸 潤肺、止咳、潤腸、通便
甘酒 温/甘辛 脾胃肺 補気、調中、生津、活血、温経、通便
枸杞子 平/甘 肝腎肺 滋補肝腎、明目、潤肺
豆乳  平/甘 肺胃 補虚損、清熱、化痰、利咽、潤燥、健脾

  薬膳食典  食物性味表  第2版

レシピ担当:栄養士、国際中医薬膳師、中医薬膳茶師、
      紡ぐしあわせ薬膳協会認定講師
      野田知子

  • 次のページ