一覧

  • 薬膳とは
  • 薬膳キャンパスの活動
  • 講座情報
  • イベント情報
  • メディア情報 活動実績
  • お知らせ コラム

HOME > お知らせ・コラム一覧 > 【薬膳レシピ】はと麦入り鮭の混ぜご飯 えごまの葉の醤油漬け添え~脾の養生~

お知らせ・コラム

<薬膳レシピ>

2022年6月15日(水)

【薬膳レシピ】はと麦入り鮭の混ぜご飯 えごまの葉の醤油漬け添え~脾の養生~

梅雨入りして湿度が高くなりました。


梅雨のじめじめや湿に影響され負担が
かかりやすい五臓は、『脾』です。


『脾』が不調になりますと、倦怠感、むくみ、
食欲不振の症状が出やすくなりますので、
この時期は、『脾』の養生が大事になります。


今月のテーマのはと麦を使って、
はと麦入り鮭の混ぜご飯 
えごまの葉の醤油漬け添えを紹介します。


湿は、『脾』の動きや、働きを阻害しますので、
はと麦で体に溜まった余分な水分を排出させます。


米と鮭、枝豆は、『脾』の働きである
消化器系を良くし、生命エネルギーを補います。


紫蘇よりも抗酸化力の強いえごまの葉は、
滞りがちな『脾』の動きである脾気の巡りを促します。

食欲をそそる一品です。混ぜご飯をえごまの葉の醤油漬けで
巻いてお召し上がりください。

『脾』の養生として、よく噛んで食することが大切です。



健脾利湿


【材料】2合分
米        2合
はと麦      45g                  
鮭(甘塩)    1切れ
枝豆(さや付き) 50g
昆布だし

《えごまの葉の醤油漬け》
えごまの葉    10枚
醤油       25ml
みりん      大さじ1
ごま油      大さじ1
コチュジャン   小さじ1
白ごま      大さじ1


【作り方】
①はと麦は2時間以上水に浸ける。
 水分量はすこし多めで、昆布だしで炊く。

②鮭は焼いてほぐしておく。枝豆は塩ゆでしてさやから剥いておく。

③炊きあがった①に②を混ぜ合わせる。

④えごまの葉は、洗って水をふき取り、調味料と合わせておく。
 冷蔵庫に2時間ぐらいで食べれますが、 
 日にちを置くとより美味しく保存食にもなります。

 

食材 性味 帰経 効能
はと麦 涼/甘淡 脾胃肺  利水、滲湿、健脾、止瀉、清熱、排膿
平/甘 脾胃肺 補中、益気、健脾、和胃、止瀉
鮭  温/甘 脾肺 温中、益気、健脾、利水、止咳、活血
枝豆 平/甘 脾胃腎 健脾、補気、養血、益腎、袪湿、解酒
えごまの葉 温/辛 肺脾 散寒、理気、調中、養血、消食、解毒  


薬膳食典  食物性味表  第2版

レシピ担当:栄養士、国際中医薬膳師、中医薬膳茶師、
      紡ぐしあわせ薬膳協会認定講師
      野田知子

  • 次のページ